学園長

 学園長 井上 歩(Inoue Susumu)

井上歩.jpg 






 

 


 


<経歴>

東京学芸大学教育学部卒業
・小学校教諭一種免許取得
・松村教育研究所モンテッソーリ教師免トレーニングセンターにて、
モンテッソーリ教育を学ぶ。

・NCMAチャイルドマインダー講座修了

・幼児小児救急救護法国際修了カード取得
・ピーター・ウォーカー ベビーマッサージティーチャーズトレーニング修了
・ピーター・ウォーカー キッズヨガティーチャーズトレーニング修了

高1、中2、3歳の3人の娘の父親。

 

<自己紹介>

愛媛県の松山市で生まれ、日常の中で多くの自然体験をしながら育ちました。 裏山には多くの生き物が住んでいて、庭にイタチ、沢カニ、カメが入ってきたりする様な環境でした。

小さい頃は昆虫採集や飼育、大きくなってくるとザリガニ釣りから、川釣り、海釣り、週末には釣ってきた魚を夕食に食べていました。そんな生活の中で、自然の大切さ大変さ、生命の大切さなど色々な物を学び、そして一緒に遊んだ友達との友情を育んできました。

小学校・中学校・高校とも素晴らしい先生方との出会いがあり、教師になりたいと思い教育学部へ進学しました。

教育実習で感じたことは、子ども達は本当に様々な可能性を持っていて素晴らしいということ、しかし学校では決められたことが多く、本当に学んでほしいこと気付いてほしいことに力を入れて指導することが難しいということでした。

また、社会的に未熟で経験がない自分が子ども達を指導していくことに不安を感じ、このまま教師となってよいのか疑問が大きくなってきました。

悩んだあげく、まず自分自身が一般社会で働く経験を積みたいと考え、IT関連企業へ就職しました。国税庁のシステム開発を約10年担当、その後外資系金融機関で不動産関連の仕事をしてきました。

社会で様々な経験するなか、また共働きで3人の子育てをしていくなかで、教育の大切さを痛感するようになりました。

そこで小学校の臨時採用、幼児教室教師などを経験しながら、幼児教育について研鑽を重ねてまいりました。

開園準備ブログでもご紹介させていただいた横峰先生や、モンテッソーリのメソッド、有名な教育法に共通しているのは、子どもの可能性を信じて伸ばしていることです。

子どもが持つ力を引き出し伸ばしていく手助けをするためには、少人数で専門の教師がしっかりと成長を見守る必要があります。

子ども達の可能性を引き出し輝く未来を築いていくために為に、自分の夢中になれることを見つけていただきたいと願っております。
また、保育の安全性も十分に考慮し、英国チャイルドマインダーコースを修了、安全を守る訓練を受けMFAジャパン社の救急救護法の国際カードも取得しております。

十分に安全に配慮された環境で体をいっぱい動かし、沢山の体験をする手助けをさせていただければと思っております。